通信制高校とは?

通信制高校とは「通信教育を行う主に単位制の高校」

通信制高校とは、定義的には『郵便、ラジオ、テレビ、インターネットといった通信方法を使って、誰かに教えてもらうのではなく自分で調べて学習する「自学自習」を基本として教育を行う、単位制の高校』です。

単位制とは、いわゆる「普通の高校」である「全日制高校」の学年が上がる時に一定基準をクリアしなければならない「学年制」に対し、最低3年の在籍期間のうちに決められた単位を取れば高校卒業資格を取得できますよ、というシステムです。ちなみに通信制高校で取得できる高校卒業資格は、全日制で取得できる物と同じです。通信制高校の中にも少数ですが学校方針や理念から、あえて学年制を導入している学校もあります。

また、通信制高校には公立と私立の大きく分けて二つがあります。学費の面をみると、公立通信制高校のほうがかなり低く設定されています。一方の私立通信制高校は費用はかさみますが3年間での卒業を高確率で成功させるサポート校との提携があるといった「手助け」の制度が整っています。

通信制高校で高校卒業資格を取得する条件とは?

通信制高校とは、定義的には『郵便、ラジオ、テレビ、インターネットといった通信方法を使って、誰かに教えてもらうのではなく自分で調べて学習する「自学自習」を基本として教育を行う、単位制の高校』です。

通信制高校で高校卒業資格を取得する条件はたったの3つです。

1.3年間以上在籍すること
2.必修教科科目74単位以上を取得する
3.特別活動に、30単位以上参加する

やり方次第では、全日制高校に通う「普通の高校生」よりも自分の時間を十分に持ちながら、高校卒業資格も得られるというのが、通信制高校の最大のメリットです。

通信制高校は通学と在宅学習という選択肢がある

「自学自習」と言いながらも、ほとんどの通信制高校が通学コースを設けているのが実情です。ただ、通学する頻度は、週5日から週1日まで、学校によってさまざま。通学コースの良いところは、クライスメイトや先生との交流があることや、自学自習ではルーズになりがちな学習ペースをコントロールできるところです。

また、在宅学習コースを設けている通信制高校も多く、教師が家まで来て個別指導をしてくれる通信制高校・サポート校もあります。この方法を取れば、在宅学習でも学習スケジュールがルーズになることはありません。

エリア別“進学に強い”通信制高校•サポート校を検索

「進学に強い」通信制高校を選ぶ6つのポイント

トライ式高等学院

  • 進学実績豊富
  • AO・推薦入試対策
  • 難関校入試対策
  • 受験のプロ
  • 個別指導
  • 毎日登校OK
  • 不登校支援
  • イベント豊富
  • プロ対応
  • 個別指導
  • 家庭学習
  • 受験サポート
  • 入試対策
  • 進学実績

満点!6つ星6

詳細

稲門高等学院

  • 進学実績豊富
  • 難関校入試対策
  • 受験のプロ
  • 個別指導
  • 毎日登校OK
  • 短期スクーリング
  • プロ対応
  • 個別指導
  • 家庭学習
  • 受験サポート
  • 入試対策
  • 進学実績

おしい!5つ星5

詳細

鹿島学園高等学校

  • 進学実績豊富
  • AO・推薦入試対策
  • 個別指導
  • 毎日登校OK
  • イベント豊富
  • ネット学習
  • 短期スクーリング
  • プロ対応
  • 個別指導
  • 家庭学習
  • 受験サポート
  • 入試対策
  • 進学実績

4つ星4

詳細