通信制高校サポート校とは?

サポート校を利用した人の9割が3年で通信制高校を卒業

通信制高校サポート校とは、通信制高校を3年間で卒業するために、学習面だけでなく、心身共にサポートしてくれる教育機関です。サポート校に入学すると、提携している通信制高校にも入学することになります。

サポート校を利用した人の、ほぼ90%が3年間で高校卒業資格を取得し、通信制高校を卒業しています。文部科学省の調査によると、公立通信制高校の卒業率は50%といわれていますので、サポート校の卒業率がいかに高いかがわかります。

サポート校は通信制高校よりもより自由な雰囲気で、校則などもないに等しい学校がほとんどです。以前に通っていた学校で、学校の雰囲気や校則に違和感を持っていた人は、居心地の良さを感じるでしょう。

コンピューターや美容、芸能など、専門的な学習ができるコースを用意しているサポート校も多く、密に指導してもらえるため通信制高校よりも専門性の高い学習をすることが可能です。在学中に卒業後の将来の姿を思い描ける体制があることも、サポート校の魅力と言えます。

サポート校の費用は私立高校と同程度といわれていて、別途、入学した通信制高校の学費も発生します。ただし、費用対効果の面で検討すれば、通信制サポート校を選択肢から外すことはできないでしょう。

サポート校と通信制高校、どちらにも通学しなければならないのか?

サポート校では、併修する(同時に入学手続きをとる)通信制高校のカリキュラムを取り入れたスケジュールで指導が行われます。スクーリングなどもサポート校で行うことが可能です。そのため、通信制高校に通学する必要はありません。

不登校対策が充実している通信制サポート校とは?

不登校状態が家庭内で解消できなかったケースには、通信制高校サポート校を選択することをぜひお勧めしたいと思います。

サポート校では学習面だけでなく心身についての管理もしてくれるので、早期の問題解決が期待できます。また、長期の不登校で学習面に大きな不安を抱えている場合でも、小学校からの学び直しができるサポート校もあり、不登校によってできてしまった学習の空白期間を補ったうえで、より高い学力を引き伸ばす指導をしてもらえます。

家から出られないといった、より深刻なケースに「在宅型」で対応してくれるサポート校もあります。先生が自宅に訪問し、慣れた環境で学習することも可能です。

不登校対策、学び直しを希望しているのであれば、メンタルフレンドになりつつ、個々の学力に合わせた的確な指導をしてくれる、「在宅型」の個別指導方式を取り入れている通信制高校サポート校がベストな選択だと言えるでしょう。

通信制高校という選択をしても進学を諦めたくないならサポート校を

不登校、または何らかの理由で通信制高校という選択をせざるを得なかったものの、もともと持っていた進学という希望を捨てたくないという人にこそ、サポート校利用がお勧めです。

通学制で進学コースの通信制高校を選択しても、一斉授業を行っている学校では、クラスの平均レベルに合わせた授業となることが一般的で、上位レベルの生徒は物足りなさを感じてしまうことが往々にしてあります。

個別指導方式を取り入れている通信制高校サポート校であれば、個々のレベルに合った指導がしてもらえるので、さらに高い目標を設定して努力することも可能になります。

エリア別“進学に強い”通信制高校•サポート校を検索

「進学に強い」通信制高校を選ぶ6つのポイント

トライ式高等学院

  • 進学実績豊富
  • AO・推薦入試対策
  • 難関校入試対策
  • 受験のプロ
  • 個別指導
  • 毎日登校OK
  • 不登校支援
  • イベント豊富
  • プロ対応
  • 個別指導
  • 家庭学習
  • 受験サポート
  • 入試対策
  • 進学実績

満点!6つ星6

詳細

稲門高等学院

  • 進学実績豊富
  • 難関校入試対策
  • 受験のプロ
  • 個別指導
  • 毎日登校OK
  • 短期スクーリング
  • プロ対応
  • 個別指導
  • 家庭学習
  • 受験サポート
  • 入試対策
  • 進学実績

おしい!5つ星5

詳細

鹿島学園高等学校

  • 進学実績豊富
  • AO・推薦入試対策
  • 個別指導
  • 毎日登校OK
  • イベント豊富
  • ネット学習
  • 短期スクーリング
  • プロ対応
  • 個別指導
  • 家庭学習
  • 受験サポート
  • 入試対策
  • 進学実績

4つ星4

詳細